echigonagaoka> Sado Island> Reference for Hamochi

羽茂地区の参考文献

度津神社

1) 平成佐渡神社誌, H8.6.30, 新潟県神社庁佐渡地区協議会, pp264~267
2) 歴史・文化・自然 まるごと佐渡ハンドブックなるほど!!がいっぱい宝の島, 新潟日報事業社, 2010.1.20, pp26左段L1
3) 上記文献1), pp265 L4-L7
4) 酒井 亨(さかい とおる), "台湾入門", 日中出版, 2006.7.20増補改訂版, pp132 L2~L4
5) 上記文献4), pp134 L4~L8
6) 上記文献4), pp140 L4~L5
7) 決定版 佐渡ふるさと大百科, 監修 山本仁, 株式会社郷土出版社, 2003.3.18, pp162 L17 ~ L20

羽茂城跡

1) 図説 佐渡島 自然と歴史と文化, 1993.9.20, 財団法人佐渡博物館, 新潟交通株式会社, pp60, L1-L2, 山本仁氏の署名
2) 上記文献1) pp60, L5-L7
3) 通史編 古代 中世の羽茂 羽茂町誌第二巻, H1.3.25, 羽茂町史編さん委員会, pp204,L1-L4
4) 上記文献1) pp61 上部の注「佐渡の城」
5) 上記文献1) pp60, L11-L14
6) 上記文献1) pp60, L19-L20
7) 上記文献1) pp61 上部の注「佐渡の城」
8) 歴史・文化・自然 まるごと佐渡ハンドブックなるほど!!がいっぱい宝の島, 新潟日報事業社, 2010.1.20, pp38左段L21-右段L6
9) 上記文献3), pp213, L5-L6
10) 上記文献8) 38頁左段L5-L14
11) 上記文献3), pp241, L8-L11
12) 花ヶ前盛明(はながさき もりあき)編, 上杉景勝のすべて<新装版>, 新人物往来社, 2008.10.25, 317頁(年表)
13) 山本修巳, かくれた佐渡の史跡 新装版, 新潟日報事業社, H8.4.15, pp159, L12-L15
14) 熊川城、韓国名:熊川倭城(????)
15) 上記文献12) 319頁(年表)

菅原神社

1) 平成佐渡神社誌, H8.6.30, 新潟県神社庁佐渡地区協議会, pp252~254
2) 決定版 佐渡ふるさと大百科, 監修 山本仁, 株式会社郷土出版社, 2003.3.18, pp153上段 L3 - L6, 浜口一夫氏の署名;「鶯や十戸の村の能舞台」,「最初『能楽堂』と作ったが、のち『能舞台』と推敲した」
3) 新潟県の歴史散歩 新潟県の歴史散歩編集委員会編, 山川出版社, 2009.8.30, pp257 L9-L12
4) 上記文献2), pp162 L10 ? L20
5) 上記文献2), pp162 L23 ? pp163 L1
6) 歴史・文化・自然 まるごと佐渡ハンドブックなるほど!!がいっぱい宝の島, 新潟日報事業社, 2010.1.20, pp81 L10 - L12
7)8)-7)*8)*下記を参照した。(292語)
7) 山本修巳(やまもと よしみ), かくれた佐渡の史跡 新装版, 新潟日報事業社, H8.4.15, pp154-pp155
8) 図説 佐渡島 自然と歴史と文化, 財団法人佐渡博物館, 新潟交通株式会社, 1993.9.20, pp164「八百比丘尼」, 藤井三好氏の署名
9) 上記文献8), pp36本文より上部の注「粛慎人」
10) 上記文献8), pp36上段L2 - L6
11) 上記文献8), pp36上段L18 ? L20
12) この部分は私見

大蓮寺

1) 新潟県寺院名鑑, 新潟県寺院名鑑企画編集委員会, S58.12.8, pp.1210
2) 図説 佐渡島 自然と歴史と文化, 編著 財団法人佐渡博物館, 新潟交通L7-L8 pp91
3) 同上L23-L27 pp90
4) 同上 L12-L17 pp91,「徳化窯(とっかよう)」
5) 通史編 古代 中世の羽茂 羽茂町誌第二巻, H1.3.25, 羽茂町史編さん委員会, L9-L13 pp342
pp343 L15に「三回寺の場所を変えた」とあるが、第1期、第2期、そして現在の三ヶ所に建てられ、場所は二回変えたと解釈した。
6) 決定版 佐渡ふるさと大百科, 監修 山本仁, 株式会社郷土出版社, 2003.3.18, 114頁下段L2-L3 山本仁氏の署名
7) 通史編 古代 中世の羽茂 羽茂町誌第二巻, H1.3.25, 羽茂町史編さん委員会, L5-L10 pp344
8) 決定版 佐渡ふるさと大百科, 監修:山本仁, 株式会社郷土出版社, 2003.3.18, 114頁下段L13-L15, 山本仁氏の署名
9) 道元の記述は、一般的な仏教解説書に拠った。