echigonagaoka> Sado Island> Reference for Aikawa

相川地区の参考文献

佐渡金銀山

1) 新潟県の歴史散歩, 新潟県の歴史散歩編集委員会編, 山川出版社2009.8.30, pp261
2) 面積と周長について、"歴史・文化・自然_まるごと佐渡ハンドブック_なるほど!!がいっぱい宝の島, 新潟日報事業社, 2010.1.20, pp6"
3) 気温のデータは同上、8頁にある2008年のもの。
4) 年間降水量は "決定版 佐渡 ふるさと大百科, 監修/山本仁, (株)郷土出版社, 2003.3.18, pp53"
5) 歴史年表は主に次を参照した。 "決定版 佐渡 ふるさと大百科, 監修/山本仁, (株)郷土出版社, 2003.3.18, pp240-243"

北沢浮遊選鉱場

1) 新潟県の歴史散歩_新潟県の歴史散歩編集委員会編, 山川出版社2009.8.30, pp261
2) 歴史・文化・自然_まるごと佐渡ハンドブックなるほど!!がいっぱい宝の島, 新潟日報事業社, 2010.1.20, pp60
3) 杉原 達, 中国人強制連行 (岩波新書),
4) 朴慶植(ぱくきょんしく), "朝鮮人強制連行の記録",未来社,1965
5) 新潟県史 通史編8近代三S63.3.31、pp782, L5-6
6) 同上、L12-16
7) 同上、pp783, L6-9
8) 同上、pp783, L14-16
9) 同上、pp785, L2-4
10) 同上、主にpp774
11) 東蒲原郡史 通史編2 近現代、H25.3.31、東蒲原郡史編さん委員会、pp438, 上段L18-21、
12) 同上、上段L14-17、沖田信悦「砂時計の中の昭和電工鹿瀬工場」からの孫引き
13) 同上pp439,L16-19

大安寺

1) "新潟県寺院名鑑", 新潟県寺院名鑑企画編集委員会, S58.12.8, pp.1151「長栄山法広院大安寺」
2) "新潟県の歴史散歩", 新潟県の歴史散歩編集委員会編, 山川出版社2009.8.30, pp260, L1-L4
3) "決定版 佐渡 ふるさと大百科", 監修 山本仁, (株)郷土出版社, 2003.3.18, pp117-118
4) Written on the board at the site.
5) ほぼ私見だが、以下等を参考にしている。
宮坂宥勝(みやさか ゆうしょう),<改訂新版>日本仏教のあゆみ-その歴史を読み解く, 大法輪閣, H22.4.22, pp256, L15-L17:
地方武士や地方の農民などの存在が次第に浮かび上がってきた時代に、仏教もまたかれらを無視することはできなくなってきた。皇室や貴族階級以外の人びとの要求にどう答えるかというのが、鎌倉仏教に課せられた共通の課題であった。

6) 法然の略記、選択本願念仏集に対する批判などは一般的な図書による。
7) 歎異抄「悪人なをもて往生をとぐ」が「おおせそうらいき」で法然の言葉だとするのは多くの図書で見られる。
8) 私見による邪推
9) 渡辺照光(わたなべ・しょうこう), "日本の仏教", 岩波新書C151, 1958.1.25, pp204

キリシタン塚

1) 図説 佐渡の歴史, 本間嘉晴監修, 郷土出版社, 1998.7.28, pp140-141「中山キリシタン塚」
2) 歴史・文化・自然 まるごと佐渡ハンドブックなるほど!!がいっぱい宝の島、新潟日報事業社、2010.1.20、42-43頁
3)から3*) 両津市誌 上巻 S62.3.20 両津市誌編さん委員会のpp331, L7「三 宗門人別帳」以降に多くを拠っていますが、市誌はパブリックドメインに近い性格のものであると判断しています。
4) 宗教年鑑, 平成30年版, 文化庁編, 第二部 宗教統計, pp35, “宗教団体・教師・信者数” にある(平成 29 年 12 月 31 日現在)とした表から
5) 松尾剛次(まつお・けんじ), 仏教入門, 岩波ジュニア新書322, 1999.6.21, pp160 L7-8
6) 高原至(たかはら いたる)、横手一彦(よこてかずひこ)、ブライアン・バークガフニ(Brian Burke-Gaffney), 長崎 旧浦上天主堂1945-58-失われた被爆遺産, 岩波書店, 2010.4.8
From the last line at the bottom of right column in pp73 to the first line on the top of left column in pp75, “An estimated 8,500 of the 12,000 parishioners of Urakami Cathedral perished instantly.”
7) 長崎原爆資料館のサイトによる。長崎市原爆資料保存委員会の昭和25年7月発表の報告によったとしている。
8) 新潟県史 資料編16 近代四 政治編II , S60.3.20, pp931下段L3「三一 原爆投下目標についての暫定委員会の決定」~pp933上段「三二 戦略空軍への原爆投下指令」L88まで

英国機 着陸地

1) 映画を観ておらず長崎と広島の上空を実際に見たのか確認していないためProbablyとした。
2) Pamphlet "Dakota na Kiseki"
3) URL http://tobedakota.doorblog.jp/
4) 決定版 佐渡 ふるさと大百科、監修/山本仁, (株)郷土出版社, 2003.3.18, pp99
5) 上記文献4), 98頁, 石瀬佳弘氏の署名
6) John TOLAND, "The Rising Sun-The decline and fall of the Japanese Empire, 1936 - 1945", 1970

石名清水寺

1) 新潟県寺院名鑑 〃企画編集委員会 S58.12.8 索引頁(81)
2) 図説 佐渡の歴史 本間嘉晴 監修 1998.7.28 株式会社 郷土出版社、180頁(近藤貫海)
3) 五来重, 微笑仏―木喰の生涯―, 淡交新社, 昭和41年, 五来重著作集, 宝蔵館2009.7.10第十巻所収, pp335, L11
4) 宮坂 宥勝(みやさか ゆうしょう)監修, 写真探訪 信濃・越後・佐渡 木喰仏の魅力, 郷土出版社, 1998.11.9, pp119-131, 丸山太一氏の署名。
5) 木喰行道の歩いたルートを地図にしている文献はいくつかある。
6) 上記文献3) pp394, L3-L4
7) 上記文献3) pp396, L7
8) 上記文献3) pp394, L8-L12 9) 本間孝(ほんま たかし), 萩原光之(はぎわら みつゆき), 木食さんの佐渡, 2008.11.28, アサヒメディア, pp132, 下段L14-L15
10) 上記文献9), pp134, 下段L2-L4
11) 上記文献4), pp131, 上段より上、教安寺の説明文
12) 広井忠男, 廻国放浪の作仏聖(さぶつひじり)「木喰」, 日本海企画社, H29.5.22, pp139, 表の左端の(注)