曲紹介

__69年作品。ヴォーカルとピアノが中心。私にとっては、ローラ・ニーロのアルバムを聴くのは、このCDが1枚目でした。ラジオで知って、すぐに町へ出かけて駅ビルのCD屋で探したら、これだけがあったのです。ジャケットはモノクロで、洗練された音楽を象徴しています。

1曲目:ユー・ドント・ラヴ・ミー・ホエン・アイ・クライ

"You Don't Love Me When I Cry"

__初めてCDから聴いたとき、衝撃的でした。心の叫びが胸に突き刺さるような気がしました。

2曲目:暗い朝のキャプテン 

"Captain for Dark Mornings" 

3曲目:トム・キャット・グッドバイ

"Tom Cat Goodbye"

__最後にそこまでするか?の大絶唱。

4曲目:マーシー・オン・ブロードウェイ

"Mercy on Broadway" 

5曲目:セイブ・ザ・カントリー(国を救え)

"Save the Country"

__非常に親しみやすく、かつメッセージ性をもった曲。曲を盛り上げていくのがうまいなあと感心させられます。

6曲目:ギブソム・ストリート

"Gibsom Street"

__落ち着いた中にも情熱があり、音楽的には一番気に入っています。

7曲目:タイム・アンド・ラヴ

"Time and Love"

__はりつめたこのアルバムの中では親しみやすい曲。

8曲目:マン・フー・センズ・ミー・ホーム

"The Man Who Sends Me Home"

9曲目:スウィート・ラヴィン・ベイビー

"Sweet Lovin’ Baby"

10曲目:キャプテン・セント・ルーシファー

"Captain St. Lucifer"

__明るく、活きがよく、聴く人を幸せにしてくれる曲。これもMamaに呼びかけている歌です。1枚目の8曲目もMamaに呼びかけている曲です。ローラの詩でよく出てくるものと いったら他にはDevilですね。

11曲目:ニューヨーク・テンダベリー

"New York Tendaberry"

__1枚目や2枚目のエンディングとは異なり、心が洗われるような、しっとり した終わり方です。ただし日本の住宅事情からしますと、最後は聞こえません。

[この頁の最上部へ]