echigonagaoka >Music of Laura Nyro >Christmas and the Beads of Sweat
title image to link to top page

魂の叫び(1970)
Christmas and the Beads of Sweat




曲紹介
[1] ファースト・ソングス, 1967
[2] イーライと13番目の懺悔, 1968
[3] ニューヨーク・テンダベリー, 1969
[4] 魂の叫び, 1970
[5] ゴナ・テイク・ア・ミラクル, 1971
[6] スマイル, 1976
[7] 光の季節~イン・コンサート, 1977
[8] 愛の営み, 1978
[9] マザーズ・スピリチュアル, 1984
[10] 抱擁, 1993
[11] エンジェル・イン・ザ・ダーク, 2001
[12] 飛翔, 2004
その他
History of Laura Nyro' life (略史)
Art and Soul of Laura Nyro (楽譜)
Soul Picnic (伝記)
あとがき
表紙に戻る

曲紹介

__70年作品。最初聞いたときは少し辛い感じがしましたが、今ではとても気に入っています。 ジャケットは点描。世の中妙な邦題が多いですが、この4枚目の邦題は、それなりに合っていると思います。当然CDで聴いたわけですが、LP版の裏面と思われる、歌詞が手書きで書かれた部分の印刷の画質がよくないのが残念です。

1曲目:"Brown Earth"
__今まで聞いたローラの曲の中でも、もっとも気に入ったもののひとつになりました。 上記のとおり歌詞が読みにくいのですが、朝の描写から始まり、意を決した歌唱が聴く人に 勇気を与えてくれるような、そんな曲です。

3曲目:"Blackpatch"
__ここまでは明るい曲。出だしフレーズ2回目で猫なで声になっているところは 勘弁してほしい感じがしました。

4曲目:"Been on a Train"
__このアルバムの後半の暗さを暗示するかのような曲。ピアノを弾きながら 足拍子を取っているような音が入っています。でも朗々とした詠唱に引きずり込まれてしまいます。

5曲目:"Up on the Roof"
__有名なゴフィン・キング作品。4曲目が終わってほっとする、そんな感じでしょうか。 最近ジェイムズテイラーのカバーも聴いたのですが、元々曲が良い出来なんだと思います。 キャロルキングで聴いたのは、そうですね、就職して初めての夏でした。関係ないか。。。

6曲目:"Upstairs by a Chinese Lamp"
__下降する和音が印象的な曲。終わりの方でベースが出している音は、ハーモニクスが スライドしているような感じですが、どういう奏法なんでしょうか。

8曲目:"Beads of Sweat"
__また静かな曲か、と思わせておいて、途中からいきなり変わります。何といってもこの曲はベースがかっこいいです。

9曲目:"Christmas in My Soul"
__壮大な盛り上がりに達します。ちょっとやり過ぎな感じもするのですが。。。

この頁の最上部へ| 前へ| 次へ| 目次に戻る

using image file in order to avoid spam mails
Copyright;Turbot in Kobe. All rights reserved. Last Updated on December 31, 2017.